toggle
 

vol.7:한국연구센터 보고서

2010-04-18

□ 第一部 研究論文
 일제하 일본 자생종교 운동의 사회사적 고찰
 ―天理教와 金光教를 중심으로―
  李元範
 朴正煕対金大中:祖国近代化論と大衆経済論を中心に
  金一栄
 民衆化以降の民主主義と立憲主義: 盧武鉉政権における「違憲問題」と民主政20年の持続
  浅羽祐樹

□ 第二部 客員教授による研究活動
 関税化猶予期間延長以後におけるコメ政策の課題
  鄭英一
 한류와 한국의 연성권력(soft power),대민외교(Public Diplomacy)
  이근
 북한의 “생명체론”의 사상사적 계보
  Vladimir Tikhonov:朴露子

□ センター彙報

vol.7:한국연구센터 보고서