toggle
 

vol.8:한국연구센터 보고서

2010-04-28

□ 第一部 研究論文
 일・한 문화비교를 위한 전제조건들:탈식민지구도의 시도
  全京秀
 1920~20년대 일제 관학자의 朝鮮研究―黑板勝美、鳥居龍藏、今西龍을 중심으로―
  鄭尚雨
 萩藩朝鮮語通詞・松原正軒の『朝鮮物語』について
  木部和昭・松原孝俊

□ 第二部 シンポジウム報告
 見る・学ぶ・暮らす―比較植民地学の樹立を目指して―

□ 第三部 資料紹介
 篠田治策文書
  有馬学、松原孝俊、高野信治、中野等、中島楽章、石川亮太、
  倉本潤子、榊原隆宏、新城道彦、石橋道秀、内山一幸、藤田理子、
  官田光史、山口華代、崔相振、田中光晴、山下達也

vol.8:한국연구센터 보고서