toggle
 

研究者受入制度

招へい外国人研究員(客員教授)

センターでは、海外の研究機関に所属する研究者の受入を行っています。

待遇

(1)渡航費・給与の支給あり
(2)受入期間内の宿舎利用可能
(3)個人研究室の提供あり

募集研究分野

韓国語圏の人文社会科学、または、日韓共通課題

受入期間

1ヶ月以上~6ヶ月未満

応募について

※年に1回公募。
 詳細は公募開始後に、当センターHPにてご確認ください。

学術研究者

センターでは、本センター教員と共同・協力して研究を行う研究者の受入を行っています。

待遇

給与、渡航費、滞在費及び研究費等は支給なし

1.学術共同研究員:
本センター教員と共同して研究を行う研究者で、大学又は研究機関等に所属する者
2.学術協力研究員:
大学院博士課程を修了した者、もしくはこれに準ずる者で、本センター教員と協力して研究を行う者
3.外国人訪問研究員:
本センター教員と協力をして研究を行う外国人研究者

受入期間

1ヶ月以上1年以内

※必要書類などの詳細は、韓国研究センターにお問い合わせください。