toggle
 

センター長あいさつ

 2018年4月よりセンター長を務めております深川博史です。韓国経済および国際農業政策を専門としています。2020年4月より、センター長の任期2期目に入り、課題も明確になってきました。学内共同研究施設としての韓国研究センターには、共同研究の推進と、研究のグローバル化対応が求められています。

 韓国研究センターには、専任教員以外に、人文科学、人間環境学、比較社会文化、言語文化、法学、経済学、農学の各研究院の教員が複担として参加しています。学内共同研究施設としての課題は、上記の複担教員からなる共同研究をコーディネートすることです。

 また、韓国研究センターは中期目標に、グローバル化対応を掲げています。本センターは、ハーバード大学、ベルリン自由大学、ソウル大学などからなる世界韓国研究コンソーシアムにおいては、唯一の日本参加校として、世界的認知を得る機会に恵まれています。
今後も引き続き、世界韓国研究コンソーシアムの活動へ参画して各国の韓国研究センターとの学術交流を深め、研究のグローバル化を推進します。

 韓国研究センターは更なる発展を目指して参りますので、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。